キャッシングの審査で有利になる雇用形態とは

アルバイトの人はキャッシングの審査が厳しいというイメージを持っている方は多いと思います。やはり、キャッシングの審査のポイントになるのは給料の額です。
申し込みをする時には、収入がどれくらいなのかを会社側が知るために収入証明の提出が必要になりますが、それによって融資の額が決まったり、利用自体ができないという判断が行われます。

確かにアルバイトの場合には年収が一般的な会社員に比べると低いという現象が起こります。それは、すべてが時給で計算されて、休みの日などは無給の状態になりますから、どうしても月によって給料に差が出てきます。
そして、ボーナスなどもありませんから、結果的に年収が少ないという印象を持たれるのは仕方がないことではあります。それゆえに返済が難しくなるという可能性があるため、審査が厳しくなるというのは確かです。しかしながら、ちゃんと働いて継続的に給料を得ているという方であれば、他の一般的な会社員と同じように審査に通ります。

ですから、恐れることはなく、仕事をしているという状態で申し込みをすることで、契約状態に関係なく審査に通ることができるわけです。なるべく社員化への誘いがあったら受けるようにすることも、キャッシングの審査で有利になるのには欠かせません。

メニューを閉じる