住宅ローンを契約するためカードローンを解約した!それでも審査落ちの理由は?

カードローンは、限度枠内であればいつでも自由に利用でき、都度審査が不要ということから万が一に備えて契約しておくことが可能です。ですが、このメリットは住宅ローンなどの高額ローン審査では不利になってしまいます。

利用残高がゼロであっても、常に借り入れが可能ということから利用限度額上限の借金があるとみなされてしまいます。そのため、住宅ローンを契約する際は、不要なカードローンを解約したり、限度額を減額したりといった対応が重要とされています。

ですが、これらの手続きを行ったものの、審査が通過できないという場合、解約のタイミングと個人信用情報の更新タイミングのズレを疑う必要があります。個人信用情報は、解約したから直ぐに情報が反映されるという訳ではなく、タイムラグが生じてしまいます。

個人信用情報の情報更新は遅滞なく行われるものの、回避出来ない情報遅延があるため、解約して直ぐに住宅ローン審査ということは防ぐことが重要です。

メニューを閉じる